コンソーシアムについて

建築検査学コンソーシアムについて
建築検査に係る学際的協力を前提に横断的・包括的な研究を行い、実践としての実務を進める建築検査学研究所の理念をベースとし、その理念に同意する各社と水平的連携を図り、公正中立で的確な建築検査理念・手法の確立および普及を目指します。

<活動内容>
1.建築検査において必要な技術・手法の研究
2.上記で培われた建築検査技術・手法の実践
3.会員に対する教育活動
4.勉強会、講演会、セミナー等の開催
5.コンソーシアムにおける活動・成果の発信
6.その他コンソーシアムの目的達成のために必要な事業

なぜ先端技術を用いた検査を行なうのか
これまでの検査・調査は熟練者の知見・経験値に大きく依存して判定が行われ、検査報告書が作成されてきました。しかしながら、その方法では表層的な検査・調査をルーティンワークのように実行することも可能であり、これまで問題を引き起こす原因となってきたと考えています。この度開発したAIソリューションは蓄積された画像データベースを用いてディープラーニングを実施、その判定を自動化し、“効率的に正しい判定”が可能となります。そして、その判定結果をもとに報告書作成を行なうため、“属人的な部分を排除”した手順にて検査を行なうことができます。また、データ取得にドローンを、解析・判定にAIソリューションを用いることで、従来行なわれてきた打診による全面調査や目視による判定より短期間で報告書作成までを行なうことができます。

なぜコンソーシアムを設立するのか:全国の企業と連携
大場 喜和がこれまで行なってきた「建築検査学」の研究成果をスピーディに実務に反映させるには建築検査学研究所1社の活動だけではなく、全国各地の検査に関わる企業との連携が必要です。そのため、コンソーシアムの理念に賛同する企業にはコンソーシアム会員として水平的連携を図り、同様の検査手法を用いて全国各地で活動を行なっていただきます。

※「建築検査学」とは
既存建物検査・検証において発覚した、新築時に起因する瑕疵・不具合等を、新築時の設計・施工上の発生防止支援としてフィードバックすることであり、既存建物については維持、管理、点検、修繕の観点からいかに適切に長期的に存続させるかを提案すること

AIを活用したソフトウェアサービス
建築検査学コンソーシアム代表 大場喜和の知見とこれまで蓄積された膨大なデータを学習したAIモデルを作成。解析時に適切なパラメータを入力することで、より正しい結果を得ることができます。効率的に結果をアウトプットできるソフトウェアを活用し、報告書作成までを行ないます。従来1か月を要していた分析~報告書作成業務を1週間に短縮できます。
(1)Thermal Vision(赤外線画像AI 分析ソフトウェアサービス)
(2)Crack Vision (ひび割れ判定AI ソフトウェアサービス)

Thermal Vision(赤外線画像AI 分析ソフトウェアサービス)
Crack Vision (ひび割れ判定AI ソフトウェアサービス)

株式会社建築検査学研究所について
建築検査に係る学際的協力を前提に横断的・包括的な研究を行い、実践としての実務も顧問 先の企業と共に進めています。研究活動としては大学・関連企業との共同研究を実施しており、 成果物は論文・専門誌等で発表し、知財についても業界の適正・的確な検査実務の啓蒙・啓発 のため広く発信していきます。

NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966 年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、IT インフラ設計・運用、自社データセ ンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・ 設備分野における組込みシステム開発と LSI やボードの設計開発も手掛けています。これらの 実績を生かした IoT・AI 分野に注力し、IoT プラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリュー ションやサービス提供により、お客様の DX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。

do株式会社について
do株式会社は、「ドローンで社会を豊かに」というミッションを持って、 ドローンの利活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行っています。

建築検査学コンソーシアム