組織概要

パートナーシップ

建築検査学コンソーシアムは、建築検査学研究所を中心とした組織であり、パートナー企業および一般会員の2種類の会員から成り立ちます。パートナー企業は、建築検査手法の実践としての実務を通して技術を常に磨き、一般会員の教育に務めます。一般会員は、建築検査学研究所およびパートナー企業からの適正情報を受け、全国各地で正しい手法を用いた検査を行ないます。

コンソーシアム組織図

株式会社建築検査学研究所
建築検査に係る学際的協力を前提に横断的・包括的な研究を行い、実践としての実務も顧問 先の企業と共に進めています。研究活動としては大学・関連企業との共同研究を実施しており、 成果物は論文・専門誌等で発表し、知財についても業界の適正・的確な検査実務の啓蒙・啓発 のため広く発信していきます。

NSW(日本システムウエア株式会社)
1966 年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、IT インフラ設計・運用、自社データセ ンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・ 設備分野における組込みシステム開発と LSI やボードの設計開発も手掛けています。これらの 実績を生かした IoT・AI 分野に注力し、IoT プラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリュー ションやサービス提供により、お客様の DX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。

do株式会社
do株式会社は、「ドローンで社会を豊かに」というミッションを持って、 ドローンの利活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行っています。

建築検査学コンソーシアム