コンソーシアム会員

会員の活動内容

これまで行なってきた「建築検査」の研究成果をスピーディに実務に反映させるには建築検査学研究所1社の活動だけでなく、全国各地の検査に関わる企業との連携が必要です。そのため、コンソーシアムの理念に賛同する企業にはコンソーシアム会員として水平的連携を図り、同様の検査手法を用いて全国各地で活動を共に行なっていきます。

(1)パートナー企業

コンソーシアムの理念・目的に共感し、検査実績を保有する企業
<メリット>
① 建築検査技術/手法の早期実践
② 教育活動への参加および受託
③ 一般会員に対する業務サービス提供
④ コンソーシアム主催 勉強会、講演会、セミナーなどへの参加
⑤ ひび割れ自動検出ソフト、赤外線画像データ解析ソフト、その他LiDAR SLAMによる3Dデータの再現図面化などサービスの優先利用

(2)一般会員

コンソーシアムの理念・目的に共感し、コンソーシアムが提供するサービスを活用したい企業
<メリット>
① 先進的な建築検査技術・手法の習得
② 建築検査学コンソーシアムライセンスの取得
③ パートナー企業主催 勉強会、講演会、セミナーなどへの優待参加
④ 建築検査技術・手法に関する情報の取得
⑤ ひび割れ自動検出ソフト、赤外線画像データ解析ソフト、その他LiDAR SLAMによる3Dデータの再現図面化などサービスのパートナー企業を通した享受

建築検査学コンソーシアム